35歳のバツイチ女にたっぷり中出ししてイカせまくった仙台の夜

【無料の出会いガイド】今すぐに近所で出会えるおすすめサイト

MENU

35歳のバツイチ女にたっぷり中出ししてイカせまくった仙台の夜

35歳のバツイチ女にたっぷり中出ししてイカせまくった仙台の夜

 

「宮城県仙台市 33歳 会計士 男性 M.K」

 

男にとって、やっぱりセックスは中出しが一番ですよね。

 

でも、中出しはなかなかさせてもらえません。

 

ましてや、出会い系ではもっと難しいでしょう。

 

それはなぜかといえば、やっぱり妊娠が恐いからです。

 

でも、僕は出会い系で中出しさせてもらった経験があります

 

中出ししても安全日なら大丈夫ですが、それ以外にも何らかの理由で妊娠できない女性も、中出しさせてくれたりします。

 

僕が出会い系で中出しさせてもらったのは、手術で子宮を切除したMという女性でした。

 

彼女を見つけたのは、「メールほしいの仙台エリア」という出会い系です。

 

しかし、彼女のプロフには「バツイチ35歳」と書いてあるだけでした。

 

会っていろいろ話しているうちに、子宮を切除していることを教えてくれたのです。

 

プロフに中出しOKと書かない理由は、本人に聞かないでもわかります。

 

もしそんなことを書いたら、とんでもない数のメールが来るでしょうから、収拾がつかなくなります。

 

喫茶店で話をしていると、Mさんはミルクティーを飲みながら「私は、場合によっては中出しOKよ」といたずらっぽく笑いました。

 

いきなりそんなことを言われてもどう反応したらいいのかわからず、僕は愛想笑いをしていました。

 

Mさんはちょっとしたしぐさがかわいい人で、先程からミルクティーを飲みながら、意味もなくスプーンでクルクル紅茶をかき混ぜています。

 

もしかすると癖で無意識にやっているのかもしれませんが、僕はその動作がかわいいので黙って見ていました。

 

「どうして紅茶を混ぜるのですか」なんて聞いたら、彼女は急にやめてしまうかもしれません。

 

「ところで、場合によっては中出しOKってどういう意味ですか」

 

僕は、やっぱり気になるので聞いてみました。

 

「さあ、どういう意味だと思う?」

 

Mさんはまたいたずらっぽい笑みを見せました。

 

普段の僕なら、こういうナゾナゾみたいなことをやられるとイラッとくるのですが、今回は別でした。

 

彼女の言った意味が気になるので、どうしても知りたいのです。

 

「だって、子宮を取ったら、場合によるも何も、いつでも中出しOKでしょ?」

 

するとMさんは、やれやれという顔をしました

 

「あなたは女の気持ちがわからない人ね。きっとモテなかったでしょう?」

 

「そんなの余計なお世話だ」と、普段の僕なら怒るかもしれませんが、彼女に対してはそういう気持ちにはなりませんでした。

 

それより早く答えを知りたくて、「わからないから教えて」僕はそう言いながら、両手を挙げて降参のジェスチャーをしました。

 

「じゃあ教えてあげる。それは私が女だからよ」
「意味がわからないんだけど」

 

そう言うと、Mさんはフフフと笑って答えてくれました。

 

「あんな汚いもの、誰でも中で出させて平気だと思う?」
「ああ、なるほど」

 

僕はようやく納得がいきました。

 

「あなたが女だったとしたらどう?」
「確かに、好きでもない人に出されたくないだろうね」
「そうでしょう?」

 

僕はMさんと話していて、女心というものが少しだけわかったような気がしました。

 

いや、それは女心という女性全般に通じるものではなく、Mさんの心がわかっただけかもしれません。

 

とにかくその日、僕とMさんはかなり親密に心を通わせることができました。

 

女性と心を通わせたら、今度は体も通わせたいのが男心です。

 

「ちなみに、僕だったら中に出しても平気かな、それともダメ?」
「うーん、まだどっちかわからない」
「じゃあ、どうすればわかる?」
「少しお酒でも飲んで、本音で語り合いましょうか」
「ああ、そうしよう」

 

僕たちは喫茶店を出て、酒が飲める店を探すことにしました。

 

喫茶店があるのは、仙台駅に隣接する「びゅうプラザ仙台」の中です。

 

ここには酒を飲める店もあるので、僕たちは雰囲気のいい店を見つけて中に入りました。

 

客席は半分くらい埋まっていましたが、僕たちは奥のほうにあいたテーブルを見つけて座りました。

 

僕は先ほどから、Mさんとエッチできるかどうか考えていました。

 

もっとはっきり言うと、僕の頭の中にはそれしかありませんでした。

 

しかし、喫茶店からこの店にMさんと来れたということは、僕ならOKだということでしょう。

 

もしそうでなければ、彼女は僕と飲むのを断って帰ったはずです。

 

いやいや、そうとも言い切れません。

 

もしかすると彼女はお酒が好きなだけで、飲むだけ飲んだらさっさと帰ってしまうかもしれません。

 

そんなことを考えていると、注文した生ビールがきたので乾杯しました。

 

35歳のバツイチ女にたっぷり中出ししてイカせまくった仙台の夜

 

最初はたわいのない会話ばかりしていましたが、僕の頭の中は「今夜はエッチできるのか?」ということだけが渦巻いていました。

 

「ねえ、人の話聞いてる?」
「ああ、聞いてるよ」
「ウソばっかり。どこか上の空で、私の話しなんか聞いてないでしょう。もしかして、エッチなこと考えてない?」
「いや、そんなことないよ」

 

僕はあわてて否定しました。

 

Mさんには心の中まで見抜かれていましたが、それを認めるわけにはいきません。

 

もし認めたら、彼女は怒って帰ってしまうかもしれないからです。

 

「さあ、そろそろ行きましょうか」
「行くってどこへ?」
「あなたが行きたいところよ」
「それって、もしかして…」
「そうよ、そのもしかして」
「いや、もしかしてじゃわからないよ。はっきり言ってくれないと」
「男の癖にうるさいわねえ。だったら、あなたが連れて行きたいところに私を連れて行ったらどうなの?」

 

そう言うと、Mさんは席を立ってサッサと歩きだしました。

 

「あっ、ちょっと待って」

 

あわてて追いかけましたが、僕はレジでお金を払わなくてはなりません。

 

その間にMさんが帰ってしまうのではないかと、僕は心配でたまりませんでした。

 

しかし、お金を払って店を出ると、Mさんは店の横で待っていてくれました。

 

「どうしたの、泣きそうな顔して」
「えっ、俺ってそんな顔してる?」
「してるわよ、アハハハ」

 

Mさんはおかしそうに笑いました。

 

「私が先に帰ったと思ったんでしょう?」

 

心の中を見透かされ、僕はしかたなくうなづきました。

 

するとMさんは僕に近づいて、「そんなことしないわよ」と言って並んで歩き始めました。

 

「ええと、これから行くところって、ラブホでいいんだよね」
そんなこと女に聞かないで、黙って連れてってよ

 

Mさんは正面を向いたまま、静かな口調で言いました。

 

「ああ、ごめん」
「まったくもう…」

 

Mさんはやさしく僕をにらみました。

 

「地下鉄大町西公園駅の近くのラブホテルまでお願いします」

 

僕は駅前でタクシーを拾って、運転手に行先を伝えました。

 

大町西公園駅の近くにオシャレなラブホがあるのを知っていたので、そこにMさんを連れて行こうと思ったのです。

 

タクシーはすぐに目的のラブホテルに着きました。

 

部屋に入ると僕たちは寄り添ってベッドに向かい、キスしながらシーツの上にMさんを寝かせました。

 

僕はMさんのブラウスを脱がせ、豊かな乳房に顔を埋めました

 

「ああん、あんっ、あんっ」

 

大きめの乳輪を舐め回し、乳首を交互に吸うとMさんは激しく喘ぎました。

 

子供を産んでいないMさんは、年齢の割にきれいな肌をしていました。

 

彼女がバツイチになったのは、もしかしたら子供ができないせいかもしれません。

 

僕はそんなことを考えながら、胸から下半身に愛撫を移していきました。

 

「あっ、そこはだめっ、シャワー浴びてないよ!」

 

股間を舐めようとすると、Mさんはさかんに首を振ってイヤイヤしました。

 

それでも強引に口をつけて舐めると、「あっ、あっ」と喘ぎながら、上にずり上がって逃れようとします。

 

僕はこれ以上逃げられないように、Mさんの腰をつかんで股間をベロベロ舐め回しました

 

「あぅぅっ、ああんっ、だめよだめぇ!それ弱いのよぉ、もうおかしくなる!」

 

舐めているうちに、Mさんの体が小刻みに震えだしました。

 

「ああん、もうだめ、ねぇ…あうっ、だめぇ、イッちゃう!」

 

やがて、Mさんは激しく喘ぎながらイッてしまいました

 

僕はすぐに起き上がり、まだ肩で息をしているMさんの太ももを広げ、ペニスを握って穴の中に挿し込みました。

 

「あ、あ、あ、あ」

 

根元まで入れて腰を遣うと、またMさんが喘ぎだしました。

 

「あっ、あっ、ああん、ああん!ああ…だめよ…またイッちゃう…」

 

またMさんの体が震えてきました。

 

「入ってる、入ってる、ああんかたーい」

 

Mさんはうわごとのようにつぶやきながら、もうすぐ2度目の絶頂を迎えようとしています。

 

「あう、だめだ…気持ちいい…」

 

ナマで入れているので、僕の気持ちよさも半端ではありません。

 

僕はグングン射精感が高まって、今にもイッてしまいそうでした。

 

そのとき、Mさんの体が激しく震えだして、「あぅぅ、だめぇ…またイッちゃう!」彼女はシーツを強くつかんで絶頂していきました

 

「あうっ、俺も出すよっ」

 

Mさんより一瞬遅れて、僕も彼女の膣の奥で射精しました。

 

仙台・宮城県など東北でおすすめ メールほしいの

 

メールほしいの

 

仙台・宮城県など東北でおすすめ

↓↓↓↓↓   

メールほしいの

関連ページ

血を見るとセックスしたくなる看護師を堺市でゲットしてハメまくり!
大阪、関西での出会いにおすすめのサイト、ご近所大作戦で実現した出会いとは?ここでは、血を見るとセックスしたくなる看護師と堺市での出会いと経緯について紹介していきます。
何度もイキまくり、彼氏と結婚しても僕と会いたいという幼稚園教諭
愛知県・名古屋市での出会いにおすすめのご近所メールで実現した出会いとは?ここでは、何度もイキまくり、彼氏と結婚しても僕と会いたいという幼稚園教諭との出会いと経緯について紹介していきます。
公衆トイレでエッチしたいという女の子と福岡の大濠公園で立ちバック
福岡、九州の出会いにおすすめのサイト、今すぐ出会っチャオで実現した出会いとは?ここでは、公衆トイレでエッチしたいという女の子と福岡で出会った経緯などを紹介していきます。
【幸運】札幌駅で待ち合わせた女の子とラブホに行って2度も中出し!
北海道や東北での出会いにおすすめのサイト、ご近所オンラインで実現した出会いとは?ここでは、札幌駅で待ち合わせた女の子ととの出会いと経緯について紹介していきます。
遠距離で彼氏がいない隙に出会い系でやりまくる女と京都で激ハメ
大阪、京都、関西での出会いにおすすめのサイト、ご近所.comで実現した出会いとは?ここでは、遠距離で彼氏がいない隙に出会い系でやりまくる女との京都での出会いと経緯について紹介していきます。
甲府市の出会い系で偶然会った同僚の彼女をラブホに連れ込んで中出し
地方での出会いにおすすめのサイト、ご近所スタイルで実現した出会いとは?ここでは、甲府市の出会い系で偶然会った同僚の彼女との出会いと経緯について紹介していきます。