彼氏と喧嘩した腹いせに出会い系に登録した女と激ハメ!

【無料の出会いガイド】今すぐに近所で出会えるおすすめサイト

MENU

彼氏と喧嘩した腹いせに出会い系に登録した女と激ハメ!

彼氏と喧嘩した腹いせに出会い系に登録した女と激ハメ!

 

「東京都中野区 35歳 会社員 男性 T.N」

 

その日はちょっと時間があったので、出会い系で遊んでみようと思って、「ご近所ネットワーク関東エリア」にアクセスしてみました。

 

「ここはよく食えるよ」と、以前友人に紹介されたサイトです。

 

友人はここで何度も女の子をゲットしたみたいですが、僕は利用するのは初めてなので、ちょっとドキドキしながらアクセスしました。

 

女の子のプロフィールを見ると、25歳のOLがいました。

 

「今日これから会える人」と書き込んでいます。

 

やっぱり、僕みたいに暇してるのでしょう。

 

住んでる場所もそれほど遠くないから好都合です。

 

「よし、この子に決めた」

 

僕はすぐこのOLにメールを送りました。

 

すると、すぐに返ってきた返信には、「わー、掲示板に書いて5分でメールきたー」と書かれていました。

 

どうやら彼女は、最初にメールをくれた人と会うことに決めていたようです。

 

おかげで話がトントン拍子に進んで、これからすぐ会えることになりました。

 

へえー、出会い系ってこんなに簡単なのか

 

僕は驚きながらも、すぐに支度をして出かけました。

 

彼女の名前は「久美」。もちろんハンドルネームです。

 

待ち合わせ場所の新宿まで電車に乗ってすぐなので、僕は座席に座るとスマホを出して、久美のプロフィールを見てみました。

 

すると、趣味は手芸と書いてあります。

 

「これじゃあ、趣味の話で盛り上がるのは無理だな」

 

僕はちょっと苦笑いしました。

 

ちょうど電車が新宿駅に着いたので、僕は急いでスマホをしまって電車を降りました。

 

待ち合わせたのは、新宿駅西口にある交番の前です。

 

ここは待ち合わせ場所としては有名で、その日も20人以上の人が交番の周りに立っていました。

 

でも、周りにいるのは仕事で待ち合わせしているおじさんばかりだったので、25歳の女の子を見つけるのは簡単です。

 

ゆっくりあたりを見回すと、交番の右手に若い女の子が立っています。

 

僕はゆっくり近づいて声をかけました。

 

「あの、失礼ですが久美さんですか?」

 

すると背の高い女の子は急に顔をほころばせ、「はい、そうです」と言ってペコリと頭を下げました。

 

胸が大きくて、目もくりっとして僕好みの女の子です。

 

タレントの誰かに似ていると思いましたが、名前が思い出せません。

 

「どこに行きましょうか」
「そうですねえ」

 

僕たちはゆっくり歩き始めました。

 

そこは半地下なので、階段を上がって地上に出ると、行き交う人でごった返しています。

 

「ちょっと早いけど、飲みませんか」
「いいですね」

 

彼女が同意してくれたので、僕たちは昼間からやっている居酒屋に入りました。

 

まだ夕方なので、店内はそれほど混んでいませんでした。

 

僕たちは奥のテーブル席に座って、生ビールを注文しました。

 

正面から見ると、久美は結構美人ですが、難点は背が高いことです。

 

僕は小柄な女の子が好きで、これまで付き合った子はみんな背の小さい子ばかりでした。

 

僕の母親は背が高く、子供の頃小言を言われることが多かったので、きっとそのせいで背の高い女の子が苦手になったのだと思います。

 

でも、久美とは付き合うわけではありません。

 

これからラブホに行ってセックスできればいいので、身長のことは気にしないことにしました。

 

「ところで、こんなおじさんでも平気かな?」

 

僕は生ジョッキを半分くらい飲んだところで聞いてみました。

 

最近ちょっとお腹が出てきたので、自分でも体型が気になっていました。

 

すると久美はニッコリ笑って、「はい、大丈夫ですよ。実は、どんな人が来るのかなってドキドキしていたんです」と答えてくれました。

 

それは、僕ならOKという意味に取れました。

 

これは絶対やれる!

 

僕は思わず、心の中でガッツポーズを取りました。

 

「ところで、お仕事は何ですか」

 

と聞かれ、僕は「卸売業です。デパートなんかに商品を卸しています」と答えました。

 

「久美さんは何をしてるんですか」

 

すると久美は、保険の外交員だと答えたので、僕は少し戸惑いました。

 

これはちょっとまずいパターンかもしれません。

 

もしかすると、ラブホに行ってセックスしたら、見返りに保険の勧誘をされる可能性があります。

 

いわゆる枕営業というやつです。

 

でも、このあとラブホに行っても、久美が僕を勧誘することはありませんでした

 

彼氏と喧嘩した腹いせに出会い系に登録した女と激ハメ!

 

気がつくと、もう1時間たっていました。

 

久美と話していると楽しくて、つい時間がたつのを忘れてしまいます。

 

しかし、今日は出会い系で久美と会ったのですから、目的は楽しく話すことではありません。

 

僕はそろそろ、ラブホに行く交渉をする時間だと思いました。

 

でも、そのことをどう切り出せばいいのかわかりません。

 

「あ、あの、怒らないで聞いてもらえますか」

 

僕は少しどもってしまいました。緊張したときの僕の癖です。

 

「はい、何でしょう」

 

久美は顔を上げて僕を見ました。

 

「ラブホに誘ってもかまいませんか?」

 

すると、久美の動きが止まりました。

 

手に持った箸を置いて、僕の顔をじっと見ています。

 

わずか数秒だったと思いますが、僕には長い時間に感じられました。

 

もちろんいいですよ。そのために会ったんですから

 

久美はジョッキに残ったビールを飲み干しました。

 

出会い系で会ったのだから、久美もそのつもりなのはわかっています。

 

しかし、途中で気が変わる可能性もあります。

 

だから、彼女からOKの返事をもらって僕はホッとしました。

 

「実は私も心配していたんです。ここでじゃあねって帰られたらどうしようって」

 

久美は屈託のない笑顔を僕に向けました。

 

店を出ると、僕たちは恋人みたいに寄り添って歩きました。

 

大きなガード下を通って反対側に出ると、職安通りにぶつかる少し手前にラブホテル街があります。

 

僕たちはそこに向かって歩いて行きました。

 

「ここがいい」

 

久美が選んだラブホに入ってフロントでキーを受け取ると、僕たちはもう待ちきれず、エレベーターの中でキスをしました。

 

部屋に入ると、僕たちはもつれ合うようにベッドに倒れ込んで、急いで服を脱いでいきました。

 

僕は上半身を脱ぐと、久美が脱ぐのを手伝ってあげました。

 

ブラウスのボタンを全部外し、久美が背中に手を回してブラのホックを外すと、大ぶりの乳房がこぼれるように飛び出してきました

 

僕はセックスするのは久しぶりだったので、もう待ちきれない思いでした。

 

久美のスカートとパンティを脱がせ、全裸にすると急いでズボンを脱いで僕も全裸になりました。

 

久美のアンダーヘアは薄めでした。

 

そこに口をつけようとすると、「あっ、だめっ、シャワー浴びてないよっ」久美が恥ずかしがって身をよじります。

 

僕はかまわず久美の腰を押さえ込んで股間にしゃぶりつくと、「やあっ、だめっ、恥ずかしいよぉ、あんっ、あんっ」久美はすぐに喘ぎ声を上げました。

 

舐めているうちに久美の体が小刻みに震えだし、「あぅっ」とうめいて全身が痙攣したので、もしかすると軽くイッたのかもしれません。

 

僕は起き上がってゴムをつけました。

 

久美はうっすらと目を開けて僕がゴムをつけるのを見ていましたが、その顔がしだいにこわばっていくように感じました。

 

僕は仰向けになった久美の太ももの間に両膝をついて、ペニスの先を穴の入り口に当てました。

 

久美の顔を見て「入れてもいいんだよね?」と念を押すと、久美は小さくうなづいて目を閉じました。

 

それを見て、僕はゆっくりペニスを挿し込んでいきました。

 

久美が少しためらったのが気になりましたが、入れてしまうとあとは夢中で腰を動かしました。

 

久しぶりのセックスなので、気持ちよくてたまりません

 

「ああ、気持ちいい」

 

僕は声に出しながら腰を振り続けます。

 

ペニスを突き入れていると、しだいに久美が喘ぎ始めました。

 

最初は「あん、あん」と小さな声で喘いでいたのが、途中から「ああん、ああん」と激しい喘ぎ声に変わり、「だめっ、イッちゃう!」と叫んで絶頂しました

 

その瞬間、僕も頭の中が真っ白になって、「あぅ、出るっ」と叫んで射精して、ゆっくりと久美の上に体を重ねていきました。

 

しばらくの間、部屋の中には2人の荒い息だけが聞こえていました。

 

「シャワー浴びようか」
「うん」

 

軽くキスをしてベッドから起き上がろうとすると、久美のスマホが鳴りました。

 

「えっ、えっ、どうしよ…」

 

着信の名前を見て久美があわてています。

 

呼吸を落ち着け、「もしもし」と久美が電話に出ると、スマホの向こうから「ごめん」と謝る男の声が聞こえました。

 

「もう遅いよばかあ!なんでもっと早く電話くれなかったのよ!」

 

久美はスマホを握り締めて号泣しました。

 

電話の男は、泣きじゃくる久美に繰り返し謝っていましたが、彼女が言った「もう遅い」という意味はわかっていないようでした。

 

久美は、彼氏と喧嘩した腹いせに出会い系に登録していたのです。

 

東京都・関東でおすすめ ご近所ネットワーク

 

ご近所ネットワーク

 

東京都・関東 でおすすめ

↓↓↓↓↓   

ご近所ネットワーク

関連ページ

出会い系で会った23歳の訳アリ処女と川崎市のラブホで強引にセックス
出会い系で会った23歳の訳アリ処女と川崎市のラブホで強引にセックス
嫁姑問題で悩む年上の人妻と動物園デート&千葉市のラブホでセックス
埼玉県・千葉県・東京都などの出会いにおすすめの会えるご近所さんで実現した出会いとは?嫁姑問題で悩む年上の人妻とのデートとそのいきさつなどを紹介していきます。
彼女と他の男のセックスを目撃した僕を癒してくれた豊島区の女の子
都市圏での出会いにおすすめのサイト、ご近所ステーションで実現した出会いとは?ここでは、彼女と他の男のセックスを目撃した僕を癒してくれた豊島区の女の子との出会いと経緯を紹介していきます。